アムウェイの歴史

アムウェイが生まれるまで

ネットワークビジネスの歴史を語る上でアムウェイ?を抜きに

してわ語れません。

それほど、ネットワークビジネスの世界で影響力を持った会社は、

他にないでしょう。

共同創立者のジェイ・ヴァンアンデルとリッチ・デヴォスが彼らを

取り巻く出来事を通して、アムウェイ・ビジネスの基本理念を

ベストの形に導いた過程をご紹介します。

身近な人に製品を紹介する販売方法の原点

1930年代の初め、リー・マイティンガーとウィリアム・キャッセルベリー

という2人の男性が共同で会社を起こしました。

彼らは営業の基本原理について研究していましたが、営業マンが

努力して受け持ち地区の売り上げを上げても、配置転換などで

リー・マイティンガーとウィリアム・キャッセルベリー

また一から同じ努力をしなければならない現状を見て不公平

だと考えていました。

彼らは、その人が努力して成功したことによる報酬はその人

がすべて受け取るべきだという考えを持っていたのです。

そこで2人がつくり上げたのが、身近な人に製品を紹介し

お届けするダイレクト・セリング・システムでした。

ディストリビューターとしてスタート

ジェイの親せきのグループの一員として「ニュートリライト」

製品の特約店をスタート、ジェイの親せきニール・マースカントは

マイティンガー&キャッセルベリーの組織に入り、栄養補給食品

を販売していました。
1949年8月、マースカントはジェイに自分が販売している製品と

販売方法について説明するためシカゴから訪れました。

当時のニュートリライト社

そして、その製品が「ニュートリライト」の栄養補給食品

だったのです。

ジェイとリッチはこの製品と販売方法に大変興味を持ち、

マースカントのグループの一員として加わる

ことを決めました。

当時、ジェイとリッチは2人の名前からJa-Ri(ジャリ)

コーポレーションと名づけた会社を設立していました。
Ja-Riコーポレーションはマイティンガー&キャッセルベリーの

特約販売店として独立した

事業を運営し、「ニュートリライト」の製品を販売する

ようになりました。

それは、現在のアムウェイのディストリビューターと同じ

ような立場だったのです。
当時、ビタミンは毎日の食事で摂(と)るものと思われており、

わざわざビタミン食品を買うのはお金の無駄であるとして、一般

の小売店では全く売れませんでした。

そこで、ダイレクト・セリング・システムで友達や知り合いに

販売していきました。​

親会社の販売システムをめぐる争いの中へ

2人のビジネスは順調でしたが、「ニュートリライト」

マイティガー&キャッセルベリーの関係にひびが入りはじめました。

事の発端は1950年代の初め、アメリカ食品医薬品局が製品の

効能について過剰宣伝をしているという理由で

「ニュートリライト」を訴えたことです。

「ニュートリライト」は操業を続けることはできましたが、

この結果、販売効率は大幅に落ちてしまいました。

そこで、「ニュートリライト」は栄養補給食品以外の製品として、

新たに化粧品の販売を始めたのですが、これが販売システムの

所有権をめぐる争いを引き起こし、マイティンガー&キャッセルベリー

の組織も深刻な状況に陥りました。​

すべての人にビジネスチャンスを目指しアムウェイの創設へ

ジェイとリッチは自分たちが築いてきたビジネスを守るために、

1959年、自分たちの会社を設立しました。

これがアムウェイの始まりでした。

これまでの経験をふまえ、パートナーシップの精神と系列を尊重

することが新たな組織の基本原則として確立されたのです。

アムウェイ設立の話は瞬く間に広がり、「ニュートリライト」の

ディストリビューターたちはアムウェイに興味を持ちはじめました。
しかし、「ニュートリライト」のディストリビューターが

アムウェイに移るということは、「ニュートリライト」から

その販売力を奪うことになるため、当初ジェイとリッチは

断っていました。

しかし

「アムウェイはすべての人にビジネスチャンスを提供する」

という考えから、その後、受け入れるようになりました。

成功のきっかけを与えてくれた知人の恩に報いるために

ジェイとリッチに現在のビジネスのきっかけを与えてくれた

マースカントも数年後にアムウェイに移ってきました。
その際、ジェイとリッチはマースカントを自分たちの

アップラインとして迎え入れました。

なぜなら、彼らがこうして成功できたのは、最初にこのビジネス

を紹介してくれたマースカントのおかげだということを2人は

決して忘れなかったからです。


そして、マースカントと同じように、ニュートリライトから移った

ディストリビューターが誰一人いままでの地位を失わないよう、

スポンサー系列をそのまま残しました。​

国際ビジネスへの第一歩。

着実にビジネス基盤を確立するアムウェイ

ジェイとリッチ

ジェイとリッチはどのような製品を販売するのがよいか考えた

結果、誰にでもその必要性がわかり、政府の規制が厳しくなく

、売りやすい製品として洗剤を選びました。


最初の製品は「フリスク」という細菌分解される濃縮洗剤で、

後に「L.O.C」になりました。

ビジネスが成功するにつれ、ジェイとリッチは国際的にもこの

ビジネスが通用するのではないかと思い始めました。


そこで、1971年に初めての海外における関連会社を

オーストラリアに設立しました。

「ニュートリライト」の栄養補給食品を素晴らしい製品

だと信じてきたジェイとリッチは1972年に同社を買収。

こうして、アムウェイは現在のビジネス基盤を確立していったのです。​

米国最大の経済団体、全米商工会議所の会頭に親子2代で就任

1979年、創立者の一人、ジェイが全米商工会議所の会頭に就任しました。

全米商工会議所とは、全米300万事業所を代表する民間経済団体です。

1912年に誕生し、長い歴史と大きな影響力を持っています。

ジェイはその米国最大の組織の会頭として、力を尽くしたのです。


そして、2001年。ジェイの息子であり、現在のアムウェイの共同経営者である

LOC

スティーブも同じく全米商工会議所の会頭に就任しました。


親子2代で一大民間団体の会頭を務めたという経歴は非常に

珍しいこと。

ジェイとリッチが始めたアムウェイのビジネスが、現在に

至るまでいかに評価されているかという事実を示しています。

NEXT ネットワークビジネス日本の歴史

ネットワークビジネスを学ぶには多少の時間がかかります。

しかし、これを「最大の参入障壁」と捉える事が出来る人は

ネットワークビジネスで成功する人です。

短期で稼げるビジネスには落とし穴があります。

あなたは将来にわたる権利収入を得たいとは思いませんか?

MLMに関心がある方はこちらから

このホームページ上では特定のネットワークビジネスを推奨していません。

そこで、現在進行形でどこのネットワークビジネスを行い、
具体的にどういう活動を行っているのか?

知りたい方にはすべてこちらで公開しています!

ご希望のかたは以下からお申込み頂くと

「かんたん らくらく集客システム」

ネットワークビジネスの仕組みをご案内いたします。

キャリア30年を有するスペシャリストのサポートシステム
Symphonia

さあ、インターネット集客MLMは、

今がタイミング!

時間との闘いです。成功を急ぎましょう!

口コミなし、一日24時間、一年365日、オンライン集客しましょう!

人生を変える扉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする