ネットワークビジネスが急成長した時期

MLM

1980年代、スタンフォード研究所のレポートに書かれていたこと

1980年代の米国でネットワークビジネス(MLM)が急成長した時期、

スタンフォード研究所のレポートにはこう書れていた。

 

「1990年代の終わりころには、大衆が日常消費する商品や
サービスの50~80%がMLMの手法で販売されるようになるだろう」

 

現実にはそこまでは到達していないが、IT革命の進展によって

構造変化を余儀なくされた流通業界にあってネットワークビジネス

が注目される存在としてクローズアップされてきたことは事実である。

21世紀のビジネスにおける大きな潮流に消費者参加がある。

それもただの参加ではなく、積極的に商品開発にまで関与する

ような消費者参加である。


そのような場をつくり出すビジネスとして21世紀にもっとも期待で

きるのがネットワークビジネスだといってよいと思う。

これまで見てきたように、わが国におけるネットワークビジネスの

スタートは、決して恵まれたものではなかった。

 

むしろ受難のスタートであったといってよいだろう。

それでも生き残って今日の隆盛を迎えたということは、

それだけ意味のあるビジネスであり、社会がそれを必要としているビジネス

でもあったからだ。

社会に必要なビジネスという点でいえば、ネットワークビジネス

は消費者に良い商品を安く提供できるメリットがある。

 

このことはメーカーにとっても有利なことであると思われる。

たとえば良い商品を持っていながら、資本力が弱いために大々的に

宣伝できず売れていない商品は、ネットワークビジネスのルートに

乗せれば、世に送り出すことができる。

 

この点で企業にとってもネットワーク
ビジネスは強力な武器になるといえるだろう。

 

NEXT ネットワークビジネスの由来

キャリア30年を有する
スペシャリストのサポートシステム
Symphonia

さあ、インターネット集客MLMは、
今がタイミング!
時間との闘いです。
成功を急ぎましょう!

口コミなし、一日24時間、一年365日、
オンライン集客しましょう!

人生を変える扉

MLM 歴史
okayamaをフォローする
ネットワークビジネス養成講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました