ネットワークビジネス組織の構築と育成

ネットワークビジネスの会員とはどんな存在なのか?

さて、ここで改めてネットワークビジネスへ参加した会員という

存在について考えてみようと思う。

そこからネットワークビジネスが現実にどんなビジネスであるかが理解で

きると思うからである。

ネットワークビジネスの会員のことをディストリビューターという

言葉は英語の「ディストリビュート」

(分配する、散布する、配給する)という言葉からきている。

つまり、ディストリビューターとは「配給者」「分配者」という意味だ。
そのネットワークビジネスの発祥においては、商品の購入者(消費者)が、

同時に販売員となったことからこう命名された。

ディストリビューターは、主宰企業が提供する商品の唯一の配給者である。

つまり愛用者=供給者、販売員でもある訳だが、しかし、それだけの役割に

終わるなら、既存流通ルートの人間と大差ない。

消費者がたまたま流通業者の役割を演じただけの話になってくる。

だがネットワークビジネスにおいて、現実にディストリピューターの果たしている

役割は、もっと大きなものだ。

この業界では「ディストリビューターは一人三役を演じる」といわれている。

「使う」「売る」「勧誘する」の三役である。

だが、最近では、売ることは必要ないシステムもあり、組織を拡大する為の

重要なことは伝えて育てることだ。

それは「育成する」ということである。

ディストリビューターは消費者として商品を愛用し、普及販売員として

商品を販売し、同じ仲間を勧誘するほか、新規に参加した仲間の

養成も行なっている。


さらにいえばディストリビューターは、クチコミネットで親しい

人間に商品の良さを伝えることで広告塔の役目も果たしている。


一人三役どころか五役も六役も演じている。

だからこのビジネスで成功するには、質のよいディストリビューターをどれだけ多く

抱えるかにかかっている。


現在、日本にあるネットワークビジネス大手企業では、一社当たり数十万人の

ディストリビューターを擁しているといわれている。


ネットワークビジネス業界には、公式の統計数字がないので実態を正確に把捉する

ことは難しいが、大手企業の売上高などから推計すると、世界の市場規模は

2015年で売り上げ高20兆円を超え、会員数は1億3000万人を超ている。

※出典 YKCシステム

しかもネットワークビジネスで売れている商品は、有名ブランドではないことが多い。

そのうえ、同種の市販品に比べれば、割高なケースがほとんどなのである。


にもかかわらず売れていくのは、ディストリビューターという特異な役割を持つ存在を

通してのみ商品が流通するからである。


なぜディストリビューターを通じると、通常の流通では起こりえない

ようなことが起きるのか。

それは口コミネット、ヒューマンネットワークの強みが発揮されるからである。


ネットワークビジネス企業は口コミを基本にしていることはご存知のことと思うが

商品を実際に使ってみて愛用者になった人間が自分の身近な人に商品情報を伝え、

存在を知らせるとともに購入の道を開く。


同じことは、広告宣伝でもできるが、今日の消費者は広告宣伝が過剰情報であり、

御都合主義であり、要するに「話半分」であることを知っている。

これに対して身近な人のナマの情報は、信頼を得やすいものである。


それも販売を業とする人間からもたらされたものではなく、実際に製品を愛用している

人間からのものだから、より説得力を持っている。


また伝える側からいえば、長年のつきあいで相手の気質や性格、趣味噂好、家族の状況や

経済力まで知ったうえで勧めるから受け入れる確率はきわめて高くなるわけである。

NEXT ディストリビューターとアソシエイトの違い

MLMに関心がある方はこちらから

ネットワークビジネスの具体的な内容を知りたい方はこちらからお進み下さい!

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
人生を変える扉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする