よい風が吹き始めたネットワークビジネス

MLM

時代とともにネットワークビジネスが見直されている。

米国でもネットワークビジネスは一つのビジネス形態として社会

に定着しつつある。

 

米国では年収1億以上の人の約60%がネットワークビジネスに関わっている。

だが、日本は本家をしのぐ勢いを示している。

 

 

その理由は日本が米国以上にネットワークビジネスに向いた

文化的背景を持っているからだろう。

 

 

日本人は個人プレーが少なく、集団で行動することを好む。

 

 

集団で行動するため、長い間人とのつながりを大切にしてきた。

それがネットワークビジネスでは強く作用するのだ。

 

 

日本人は「世間の目を気にする」といわれるが、それだけ

人とのつきあいを大事にしている証拠でもある。

 

 

 

人づきあいの濃密な社会はクチコミが発達する。

 

 

クチコミによる紹介販売という側面を持つネットワークビジネスは、

ここでも日本人の特質から大きなの影響を受ける。

 

 

 

もっとも人的つながりの強さに基づくクチコミは両刃の剣

でもある。悪い情報の伝達も早いからだ。

 

 

 

そして横ならび意識の強い日本では、多くの人が抱く考え方は、

それがたとえ歪んでいたり、間違ったものであっても、払拭するのが

難しいという一面を持っている。

 

 

 

マルチ商法=悪徳商法というイメージがなかなか払拭できないのも、人的

ネットワークの強固な日本ならではの現象といってよいかもしれない。

 

 

 

また、自分の知人や友人にモノを売るということは、日本では卑しい

行為であると受け止められがちでもある。

 

 

だがネットワークビジネスに関する過去の評判は、最近になって

急速に改善されつつある。

 

 

この変化に、業界トップの日本アムウェイが起こした二つの裁判

の結果が及ぼした影響は決して小さくないと思われる。

 

 

ネットワークビジネス企業は、マスコミの話題になることを避けてきた。

もともと消費者へ直接販売を行なうネットワークビジネスは、広告宣伝

の必要がほとんどないが、マスコミを避ける理由はそれだけではない。

 

 

ピラミッド商法との混同という誤解を受け続けてきたこの業界には、

特有のトラウマがあるのだ。

 

 

 

できるだけ世間の注目を浴びないでいられるよう、いわれのない中傷も

やりすごす傾向が強かった。

 

そうした殻を破ったのが日本アムウェイである。

 

 

同社はマスコミに掲載された記事をめぐって、出版社を名誉毀損で

告訴した。

 

 

そして完全勝訴には至らなかったものの、名誉毀損を認めさせる

ことに二度にわたって成功したのである。

 

 

この裁判結果によって、ネットワークビジネス企業を

「マルチ商法とみだりに呼ぶことは名誉毀損に当たる」

ということが一般に認識されはじめ、マスコミも記事を書く際に

神経を使うようになった。

 

 

 

この変化はネットワークビジネスにとって大きなメリットになるはずだ。

ネットワークビジネスはいま大きな転換期を迎えている。

 

 

連鎖取引販売=マルチ商法=悪徳商法といった固定概念は

時間と共に薄れつつある。

 

ネットワークビジネスが急成長した時期にスタンフォード研究所の

レポートに書かれていたこと?

キャリア30年を有する
スペシャリストのサポートシステム
Symphonia

さあ、インターネット集客MLMは、
今がタイミング!
時間との闘いです。
成功を急ぎましょう!

口コミなし、一日24時間、一年365日、
オンライン集客しましょう!

人生を変える扉

MLM 歴史
okayamaをフォローする
ネットワークビジネス養成講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました